読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

High Tech & Low Life

アイダカズキの(主に小説用)ブログです

黒の日輪【3】犯罪の犬ども

地主が夜逃げして土地ごと放棄された貸しコンテナが数十平方メートルに渡って居並ぶ湾岸エリア。雨ざらしのコンテナ群から住民たちの生活臭が否応なしに漂う。コンテナ間のロープに渡された生乾きの洗濯物、羽毛をむしられた鶏を煮込む土鍋、キムチと豆板醤とコリアンダーの入り混じった刺激臭。

自分がふさわしくない異物であるという思いに、彼の足はそこを通るたびいつも早足になった。一日中同じ場所に座り込んでいる老婆に持っていたコンビニのビニール袋を手渡す。老婆はもごもごと聞き取れない礼を言い、手まで合わせる。目をそらせ、目的のコンテナに入ってドアを閉めた。

錠を確かめ、天井の裸電球を着けると、さすがに今まで感じなかった疲労を感じた。肉体的な疲労だけではない、ここ数日間の努力が徒労に終わったことへの疲労。わかったことは、自分の読みが外れていたということだけ。それも貴重な金と時間と物資を浪費した揚句、だ。

ペットボトルの水を一口含み、少し頭にも被る。こんなことを繰り返して、意味があるのか――頭をもたげてくる弱気を無理やりねじ伏せる。時間は確実に消費している。今すぐ、できることをしなければ。

端末を起動させる。無骨な作業机の上に、買い込んできた資材を並べる。端末を参照しながら、決められた手順で決められた個所に部品を加工し、組み込んでいく。ケーキを焼くのと同じだ――耳の奥に懐かしい声が聞こえる。決められた材料を正しい容量で、時間通りに焼き上げるだけだ、と。

もし自分が死ねば、あの男から教えられた全ても共に消滅するのだろうか。――振り払い、手を動かすことに集中する。死後の世界のことなど、それこそ死んだ後で考えればいい。

 

「……ええ、誰にレクチャーされたのか知らんが慣れてますな。『ご禁制の品』は最小限、しかも複数の〈業者〉から少しずつ購入。必要な物資はそこらのディスカウントショップで入手可能。よっぽど筋の良い〈インストラクター〉から手ほどきされたらしい」

【彼が購入した物品のリストを送ってください】打てば響くような、彼女の涼やかな声が返る。

「ただちに」そうくると思ったよ、あらかじめ準備しておいたリストを送信する。一瞬の後、回線の向こうで明らかに息を呑む気配があり、男は少しばかり溜飲を下げた。

「見ての通りです」

【銃器や爆発物の類は見当たりませんが……】

「こけおどしの銃器に頼るつもりがないってことは、本気でしょう。奴はたった一人で戦争を始めるつもりですよ」

【彼の次の『目標』はわかりますか?】

「見当はつきます。俺が奴なら、それなりに目立つ奴を狙うでしょう」

【急いでください。彼が次の犯行に出るまでに】

「それはかまいませんが、止めるとなるとだいぶ荒っぽくなりますよ、俺のやり口はご存じでしょう?」

【やむを得ません……方法は任せます】

「……任せます、ね……」通話を切ってから、崇は一人ごちた。「どのくらい荒っぽくなるかは俺が決めていいってことなんでしょうな、ご当主」

それから、先ほど自分が送信したリストをもう一度見直す。「……お前がこれを何に使うか、想像しただけで背筋が寒くなるよ。生き急ぎやがって、餓鬼が」

 

――充電完了を知らせる軽い電子音。準備ができた、彼は微笑んだ。やはり電気の使える「部屋」を借りた甲斐があったというものだ。部屋の一角に立てかけられた、金属の格子で組まれた骨格標本のような代物。各国の軍・準軍事部隊に長年使用されている戦闘用強化外骨格『エンフォーサー』。

手首のスマートウォッチとOSの同期完了。手元の操作で、金属の格子はまるで布切れに変じたように硬さを失い、ぐにゃぐにゃと足元にわだかまった。革ベルトのようになったそれを固定具で服の上から装着していく。金属やモーターで構成されたハードタイプとは違う、ソフトタイプの強化外骨格。

上着を着ると、服の上からでは本当に見分けがつかなくなった。それに満足すると、今度は組み上がった幾つかの「道具」を物入れやベルトに収めていく。最後にそれらの上からさらに薄手のハーフコートを着込む。身体を動かし、激しい運動の邪魔にならないことを確認する。

それが終わると照明を落とし、もう二度と戻らない仮の住居を後にした。